Features

特徴

オムニチャネルコンセプト

オムニチャネルへの対応では、顧客へ企業の強みを一貫して提供し他にはない顧客体験を実現することが重要です。
そのためには単に店舗受取などの機能を追加するだけではなく、組織を横断した情報統合が必要になります。
しかし個々の企業が積み上げてきた固有の情報資産を繋いでいくことは簡単ではなく、多額の費用が掛かってしまうケースが多々見受けられます。
従来のECはインターネットというシングルチャネルでのカート操作・受注機能を中心として発展してきました。
そのため、たとえば「商品を『カート』に入れなければ購入できない」、「『顧客』と『会員』に区別がない」などといったように、 基礎となる機能や情報にある種の単純化がなされていることがありました。
Logicaはそのような単純化を排除し、マルチチャネルでの注文管理を丹念にモデリングした上で、 主要なチャネルのひとつとしてショッピングサイトでの受注機能を構築しています。
本体機能においても様々なチャネルでの受注、分析が可能な上に、 基幹システムや外部の統合顧客管理システムともスムーズに連携することができます。

  • 店舗受取
  • 店舗在庫確認
  • ポイント統合
  • 会員・注文データ連携
  • 店頭端末での注文
  • 他ECモール連携

多様なシステムとデータを統合することで、多様なビジネスモデルへの対応が可能です。
統合された顧客情報により各チャネルで最適なサービスを提供することが可能です。

グローバル対応

海外向けECサイトは、日本国内の事業者だけでなく海外のEC事業者との競争でもあります。 日本国内のECだけでなく、海外でのEC事業運営経験を活かして開発したLogicaは、 海外の顧客が求める機能、海外の市場で必要な機能をご提供いたします。

  • 多通貨
  • 多言語
  • 国毎の個別対応
  • 海外向けに適応した送料管理
  • プロモーション手法

日本から海外への販売、海外でのEC拠点構築の両方に対応したグローバル対応モデルです。
言語、通貨、消費税、配送、プロモーションなど海外向けに必要な機能を提供します。
海外でEC事業を運営しているメンバーがサポート可能です。

Logicaの機能範囲

ECの基本機能のみならず、メールマガジンやステップメール、問い合わせ管理など、ECの運営に必要な機能をトータルに提供します。

Logicaの機能イメージ

要望に柔軟に対応可能&バージョンアップによる機能追加両立を実現

低コスト
  • 技術への投資
  • モジュールを再利用可能、お客様間でモジュール開発費用をシェアできる
  • ECに特化したフレームワークにより高い生産性
柔軟性に富み、やりたいことが出来る
  • フレームワークと業務ロジック、フロントIFが分離されている
  • 多様なモジュールを組み合わせてニーズに対応可能
  • パラメータで設定できる多数のロジック
拡張性が高く、堅牢なシステム
  • 大規模ECサイトを多数構築してきた実績から来る拡張性や堅牢性への取り組み
  • セキュリティへの対応ノウハウ
実用的な機能
  • 豊富な経験を基にした業務モデル
  • ECの売上向上に資する多様な機能
  • 海外での事業実績を基にした競争力のある実際的な機能

ECサイトの売上向上に寄与する実用的な機能の例

  • 基幹システムと連携し、 WEBでも最適な顧客接客を実現
  • きめ細かなステップメールの設定 カゴ落ち、リタゲメールも可能
  • きめ細かな定期の設定と管理が可能 マイページからも変更可能
  • 情報の統合により 問い合せを一元化
  • 定期やセットへのスムーズな アップセル、クロスセル
  • 顧客毎にパーソナライズ化された WEBサイトコンテンツの表示

重要な基礎機能の一例

複数ショップ、複数サイト
  • 1システムで複数ショップを運営。会員は共通・個別から選択
  • ショップごとに複数サイトを保持可能。
    例えばデバイス別・国・販売モデル毎にサイトを分けることも可能
海外販売対応
  • 多言語、多通貨、税金、住所、名前など地域により異なるデータ構造への対応
  • 複数ショップ・サイトにより国別の柔軟性を持つことも可能
  • エリア、国などに対応可能な2階層の送料設定
アカウント・顧客・会員
  • サイト訪問者を識別するアカウント、購入者としての顧客、会員登録された会員を分けて管理
  • ECとは概念が異なる基幹システムや店舗など他の顧客管理の情報との統合が容易
アカウントフィルタ
  • アカウントの状態により、各種のロジック制御に利用できるフィルタを生成可能
  • 会員・非会員、購入履歴、購入商品などによりフィルタの生成が可能で、メルマガ・ステップメールの配信やWEBサイトでのコンテンツの出し分けに利用可能
商品の持ち方
  • 製品(基本となる製品、アイテム)、商品(色・サイズなどが区別されたものを識別でき、販売ショップが紐づいた販売単位)、オファー(商品に価格を紐づけたもの)という構造により柔軟な商品管理が可能
  • 通販系の商品構造(媒体毎の商品)への対応、オフライン店舗との連携(店頭で価格が決まる)など多様なモデルへ対応
自由度が高く、容易なデザイン
  • フロントは、デザイナーがCSSとJSを更新しデザイン可能(このページも製品で作成しています)
注文ステータスの管理
  • 注文、出荷、決済に関してステータスを管理
  • 利用するステータスの遷移ルールを制御する注文ワークフロー機能
コンテンツの管理
  • 管理画面で各画面のコンテンツの配置を変更可能
  • アカウントフィルタを利用してパーソナライズされた情報を表示